​猫背・ストレートネックでお悩みの方へ

​こんなお悩みはありませんか?

・よく猫背と人に言われる

・背中が張りやすく、デスクワークをしていると気持ち悪くなる

・高い枕が好き

・首が前に出ている気がする

・小さい頃から親に猫背を指摘されてきた

・写真を撮ると姿勢が悪く見える

​猫背・ストレートネックの原因

​①顎が突き出る 猫背・不良姿勢タイプ

多くのストレートネックは、このタイプに該当すると考えられます。この場合、『巻き肩な猫背』という、肩甲骨が前に入るような猫背姿勢であるため、首の見た目の姿勢上、まっすぐには見えにくく、本人の実感もないことがあります。高すぎる枕を使う方や、肘を付く姿勢やスマホをもつ時間が長い人に多い傾向があります。

②骨盤・股関節後傾(ゆがみ)タイプ

このタイプは 1 の人も合併していることが多くあります。
臨床上、多くのひとの場合、数年に渡る歩行不足が共通点として挙げられます。その他としては、よくソファや座イスに座る方、骨盤周囲の姿勢維持筋力不足などが考えられます。
腰痛と合併して頭痛や肩こり・頭痛を訴える方も少なくありません。

③外傷性エネルギー蓄積タイプ

過去に足首のねん挫や骨折・大きな怪我をした方や、あざになるほどの尻もちや膝を打ったことがきっかけで姿勢に大きな変化をもたらした結果起こるタイプです。
自然に回復することがないため、ケガの種類とケガを起こした経緯から辿って原因をとっていくことが必要なものです。

肩こりや頭痛に伴って、ふらつきや時にめまいなどを起こすこともあり、時間経過で複雑な症状になりやすいものでもあります。

​当院での改善方法

頭のおもさはスイカとおなじくらいの6~8キロほどあります。この重さを手で持ってみるとわかりますが、結構重いです。


そんな頭を支えているのが首の骨である頚椎。それを支えようと、頭や頚椎にくっついてバランスを取るように身体は出来ているように見えますが、支えるというよりも、繊細な動きが出来るように、骨や靭帯・筋肉は配置されています。


しかも、頚椎は背骨全体として動くうちの一つ。一見して頚椎だけがストレートに見えるようであっても、全身との関わりがあってバランスがとれた形がそうみせているだけに過ぎません。

ストレートネックは、首だけにある問題ではなく、全身の問題が関係してくるものです。

つまり、ストレートネックの本質的な改善を目指した施術は、関連した全身からの影響を整えていくことが重要です。

主に背骨の土台である骨盤と、背骨の骨の連結である脊柱全体からしなやかさを取り戻すように動作改善をまずはじめに整えます。


その上で、頚椎がまっすぐになってしまうような全身とのつながりをもった筋肉の緊張をほぐしていくことや、ストレートネックを作りやすい姿勢の改善のために、ご自身でも取り組める体操やトレーニングなどを合わせてやっていただきます。

せっかく整えたとしても、自らで悪くするような動作やクセがあれば、時間の無駄になってしまうので、アフターフォローはしっかり行っていきます。

IMG_4327.JPG