四十肩・五十肩

肩が痛くて腕が上がらない、またはある角度にすると痛むなど、特に中高年の方に起こります。
肩関節周囲の軟部組織の炎症や癒着が痛みの原因で、夜間や寒冷時に痛みが強くなります。
痛みは1年~1年半くらいで自然に消失しますが、再発するリスクが高くなります。
また自然に改善した場合、肩関節の可動域が著しく減るケースがあります。
四十肩・五十肩でお困りであれば、当院の治療方針について書きました。ぜひお読みください。

痛みを治して、ストレスなく日常生活を過ごしたい

「洗髪」「髪をとかす」「歯磨き」「炊事」「洗濯物を干す」「電車のつり革に掴まる」「洋服を着る「寝返りを打つ」このような日常生活の動きに支障が出てしまう痛みはとてもつらいです。
四十肩・五十肩の痛みは1年~1年半くらいで自然消滅しますが、当院では、この痛みを早く取り除くこと、改善した後、腕の可動範囲を発症前の状態までに戻せるように治療を行います。​​

四十肩、五十肩にはこんな治療をします

痛みのため、腕や肩を動かさないと関節や筋肉が硬くなり、二次的な痛みがでたり可動域が狭くなったりするので、筋肉を緩めて痛みを取りつつ、少しずつ関節を動かして可動域を広げ、再発しないお身体にしていきます。

また、なぜ四十肩・五十肩になってしまったのか原因を特定しその対策を行っていきます。


またご自宅でやっていただく四十肩・五十肩専用の簡単な体操もあります。普段のセルフケアも大切です。